結婚指輪のサイズをぴったりにするには?

結婚指輪は毎日身につけて外さないというのが特徴でもありますが、装着時間が長いと、気になるのはそのサイズではないでしょうか?

きつすぎでも、ゆるすぎても困りますよね。

結婚指輪のサイズをぴったりにするにはどんなことに気をつければ良いのでしょうか?

自分の指のサイズですが、女性は普段アクセサリを身につける人も多いので知っている人も多いと思いますが、男性は知らないという人が多いのではないでしょうか?

しかし、サイズを知っている女性も、知らない男性も結婚指輪を選ぶ時には改めてサイズを測る必要があります。

指というのは時間帯や体調などによって、むくみがでてサイズが変わるものです。

夜お酒を飲み過ぎたら、翌朝は指がむくんでいたという人や、夕方以降になってくると指がむくむ人がいます。

よって、結婚指輪のサイズは朝と夕方の二回測ることがおすすめです。

着ける時間の長い結婚指輪は、ファッション指輪よりも小さくなることが多くあります。

選ぶ指輪のデザインによってもサイズと関係してきます。

結婚指輪のデザインは一般的にシンプルなので、アームの影響がストレートに来ます。

アームが太い場合はきつく感じるし、細い場合はゆるく感じるので、デザインによってサイズも調整しましょう。

長時間つけたままにする結婚指輪は、むくみのでる指にもぴったりする様に時間を変えてサイズを測ることが重要です。