結婚指輪を傷まないようにするには

結婚指輪は毎日ほぼ外すことの無い指輪のため、基本的にはシンプルなデザインとなっているのですが、やはり気になるのは傷や変色、汚れなどの傷み具合ですよね。

使用感を重ねて段々味がでてくるものでもあるのですが、できればきれいなままでいたいと思いませんか?

結婚指輪をできるだけきれいに保つには以下のことに気をつけましょう。

結婚指輪に使用されるプラチナやゴールドなどは傷が付きにくい素材なのですが、それでも硬い物を持ったり、触れることで細かい傷はついてしまいます。

仕事柄、硬い物に触れる機会が多い様な場合は、強い素材を選ぶようにしましょう。

結婚指輪を着けた状態で重い物を持ち運びすると、場合によっては変形してしまうこともあります。

変形すると指から外れなくなったり、連続で圧力が掛かることで指輪が切れてしまうこともあるので、重い物を持つ時は外すようにしましょう。

スポーツは硬い物をもったり、思わぬ圧力を受けたりする上に、意識も指輪にはあまり行かなくなるので、変形や傷の原因になりやすくなります。

シルバー素材であれば、汗で変色する可能性も高いです。

温泉は場所によって様々な成分が含まれており、シルバーや銅が多く含まれるゴールドは変色する可能性があります。

温泉では外すことをおすすめします。

結婚指輪は人生を刻むように傷がつくものですが、硬い物や重い物を持ったり、スポーツや温泉時には外すして傷まないように気をつけるといいでしょう。